5/1号 ☆abroad 海外で

May 1, 2012  =========

☆ abroad 海外で

============================

This month’s topic is “The Time of My Life” and Kumi-sensei’s essay is
about leaving behind the “must-dos” and “should dos” and doing the things
you want to do. Sounds good!

Do you know the book by Robert Harris, “A List of 100 Dreams” ? He is 1/4 British,
and was born in Yokohama, but spent a lot of time travelling, living and working abroad,
including 16 years in Sydney, working as a DJ and also running a bookstore.

For him, writing down this list of want to dos was the way he made many
of his dreams come true. Have you written down your list? Is working or living
abroad something on your “want to do” list?

Bye,
Chris
—————————-

今月のテーマは「The Time of My Life (生き抜かれた時間は永遠)」です。
井上久美先生のエッセイ(英語手帳に掲載)では、「must-do(やらねばらなないこと)」や「should-do(やるべきこと)」よりも、「want-to-do(やりたいこと)」を優先することについて書いています。
いいですね!

ロバート・ハリス著の「人生の100のリスト」という本をご存知ですか?
ロバート・ハリスは、四分の一イギリス人の血が入っています。
彼は横浜生まれですが、多く旅をし、海外で暮らしたり働いたりしてその人生を過ごしています。
シドニーには16年住み、DJとして、そして本屋の店主として暮らしていました。

彼は、「やりたいこと」を書き出すことで、多くの夢を叶えてきました。
あなたは、やりたいことのリストを書き出していますか?
海外で働いたり、住んだりすることはあなたのやりたいことリストに入りますか?

それでは!
クリス